<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
ぐんと視野が広がる。
楓さんと付き合って、婚約もして、式の日取りも決まって。

デートの時には、どうでもいい気楽な話から、仕事の話、人生観なんかもお互いに話をする。

楓さんの海外での仕事の話を聞いていて、
自分は本当に素晴らしい仕事をしているなと、つくづく強く思った。

今まで私は
「自分はいつまでも一人前じゃない。いつになったら一人前になれるのだろう。」と悲観していた。

もっと広く、もっとわかってなきゃいけない、もっと知っていなきゃいけない、見識を広めなきゃいけない。
そう思っていた。

でも、自分の土俵以外の周りを見渡してみると、自分がいかに今まで恵まれていたかを実感させられた。

フォトショップ、イラストレータ、エクセル、ワード、メール対応、領収書・納品書の書きかた、経理の知識、お料理、お裁縫、絵画、家事一般、施設でのボランティア、ケアスタッフさんとの交流、義務教育期間で学んだこと、スポーツ、

私はいろいろなことを幅広く知っているし、できるほうなんだ・・・ ということを、本当に本当に実感した。

 それと同時に、親が今まで自分にかけてきてくれたモノ・・・
それは経済力かもしれない。 時間かもしれない。 人として大切なことかもしれない。

自分の今住んでいるところ。
先祖があったから、おじいちゃん、おばあちゃんがいたから、今の私がいて。。。

日本の中で、自分は16%の部類に入っていることに気が付いた。
恵まれている「日本」という国の中で、さらにその中の16%・・・・

私は、今までなんて大馬鹿な思考をしていたんだ。と、思った。

 「自分は標準にはならない」

そういうことを、感じている。


***


いろんな価値観の人がいて、いろんな生活をしている人がいる。
そういうことを、これから楓さんと一緒に学んでいけたらなと、そう思う。

スポンサーサイト
夫婦は補い合い。
最近、夫婦の在り方について感じることがよくある。

夫婦じゃなくてもそうだけど、「同じ価値観の人なんて、一人もいないんだ」ってことを
本当に本当に、実感している。
今まで定型句のように「同じ価値観の人はひとりもいないんだ」と頭の中にあったんだけど、その現実を、実感をひしひしと感じて見せられている。

それと同時に、今まで許せなかった「ああいう人」や「こういう人」に対して、
「この人はこういう人なんだ」とその人への対処を変える感覚が湧いてきている。

なんか、そういう感覚になり始めてから、すごくすごく楽になった気がする(笑)。

もっと早く気がついていれば、他人の目や存在を気にせず、自分の道を突き進んでいたのにとか思ったり(笑)。

私は、やはり今のセラピストの職業が一番しっくりくる。
「ありがとう」
「あなたと会えて、気が晴れたわ」
「ここに来ると、もう嬉しいの」
満面の笑みで、そう言ってくれる彼ら彼女ら。

お話も楽しい。

いろいろな個性があるけど、それもまた良い。
素敵な彼女たちとのご縁も、いつまでも大切にしたい。

何者でもないことの大切さ。
会社に勤めなきゃ。
働かなきゃ。

そういうこと、考えなくなった。



独身のときにも、もっとこういう風に考えていればよかった、と思った。

「自由人」であるということが、いかに大切で自分がゆっくりできるか、その重要性をひしひしと感じている。

仕事じゃなくても、自分の価値なんか感じられることなんて、いくらでもある。
まずご主人。 自分を認めてくれて結婚してくれたんだから、それだけで自己肯定感ありまくりじゃないか!とか思う。

仕事は、生き甲斐やりがいを感じるためにやるもんじゃない。
みんな錯覚してる。

あの人たちは今どこで何を。
過去に出会った人たち。

傷つけられたり、逆に励みになったり。

私にとって、いろんな存在の人がいた。

私を傷つけてきた人も、今は人の心の痛みが、わかるヒトになっているかな。

私を励ましてくれた人は、今頃、暖かいヒトになっているかな。


私は、助けの差し出された手を、素直に握れる人間になっている。
これで良かったんだよね。
そう、それで良かったんだ。

助ける勇気も必要だけど、
「助けを求める勇気」も同じくらい必要なんだと知った。

長い、長い人生。
きっと、大丈夫。 大丈夫。

(`・ω・́)ゝビシッ

 強く生きる。 

プロフィール

よつば

Author:よつば
いろいろな場所へ出かけ、さまざまな人と出会うこと・・・。
一期一会の大切さ。
ひとつひとつの風景を、心に留め、のんびりお散歩中です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブックログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR